複数パソコン

パソコン全般

買い替え時のパソコンの選び方

「パソコンを買い替えたいな」と思ったらどこに注目すればいいのでしょう?

まず、家電量販店のカタログや、Webページのスペック表などを見ます。

しかし、情報が多すぎたり、分からない用語が出てきたりでなかなか決められないことありますよね。

まず1番目にパソコンの種類、使用目的を決めること!次に注目するポイントは、

  1. CPU
  2. メモリ
  3. ストレージ
  4. ディスプレイ

この4つ部品の役割をスペック(性能)を比べましょう。

それぞれの役割について説明していきますね。

CPU

CPU

CPUはCentral Processing Unitの略語で直訳すると「中央処理装置」となり、パソコンの心臓部に当たります。

性能がよいほど、パソコンの処理速度がすばやくなり、負荷のがかかる作業でもスムーズに行えるようになります。

パソコン用CPUの最大手はアメリカの半導体メーカーでインテル(Intel)という会社です。

CMなどで大々的に宣伝しているので聞いたことのある方も多いと思います。

日本の現行パソコンは、ほとんどインテルのCPUを使用しています。大まかなの性能はブランド名でわかります。

主要な6つのブランド

  • Core i7(コアアイセブン)
  • Core i5(コアアイファイブ)
  • Core i3(コアアイスリー)
  • Core M(コアエム)
  • pentium(ペンティアム)
  • Celeron(セレロン)

上から性能の高い順番です。

例えば、動画の編集や3Dゲームなどを楽しみたいのならCore i7やCore i5を搭載したパソコンを選びましょう。

動画を閲覧するだけならCore i3で十分です。

メールのやり取りや、エクセル、ワード、ホームページを見るのに使うのがほとんど。

そういう方はCeleronやpentiumでも十分使えます。

※CPUは別名プロセッサーと言います。

メモリ

メモリ

メモリはデータを一時的に記憶するための部品です。

容量が多いほうが、たくさんのプログラムを同時並行で動かすことができます。

「処理が遅いな」と思ったらメモリの不足が原因であることが多いです。

容量の目安は、4ギガバイト(GB)あれば問題ないでしょう。

大画面で動画を処理したり、最新の3Dゲームを楽しむのなら、8ギガバイト以上を目安にパソコンを選びましょう。

メールのやり取りや、エクセル、ワード、ホームページの作業に使うのであれば2ギガバイトでも十分です。

 

ストレージ(HDD,SSD)

HDD

ストレージはパソコンの中に、ファイルを保存する装置です。
ファイルとは

  1. 写真
  2. 動画
  3. 音楽
  4. 書類
  5. アプリケーション

大抵はこの5つになります。

写真や動画は容量をたくさん使うので、大きめの容量のものを選びましょう。

音楽や書類であれば一つ一つのデータは小さいです。

大量に保存するのでなければ容量の小さいストレージでも十分でしょう。

アプリケーションを動かすためにはある程度の容量が必要となるので、一度に複数使う人は注意が必要です。

ストレージにはHDD(ハードディスク)とSSDの2種類あり

  • HDD→容量優先
  • SSD→データの読み込みの速さ優先

SSDはデータの書き込みが速く、故障にもなりにくいのですがHDDに比べて高価です。

目的に合わせて選択しましょう。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイ(画面)で注目するポイントは、サイズと解像度です。

ディスプレイに表示できる情報量は解像度で決まります。解像度が大きいほうが画像が細かく鮮明に表示されます。

目安としては、

  • 1,366×768ピクセルくらいが下限
  • 1,920×1,080ピクセルくらいのパソコンが多い
  • 3,840×2,160ピクセルクラスは4K解像度

「フルHD」という場合は、解像度が、1,920×1,080ピクセル以上のものを言います。

フルHD画像やDVD、ブルーレイの画像を100%再現できます。

ネットショップや通信販売で買う人もおおいでしょう。

ですが、一度、家電量販店やパソコンショップで画面の大きさを確認してから購入したほうが安心でしょう。

おおよその雰囲気や見やすさがわかってから、ネットショップで購入することをおすすめします。

 


個人の好みや使いやすさで


パソコンを操作する上で一番使うのはキーボードマウスではないでしょうか?

キーボード、マウス

※新品購入時にはキーボード、マウスは標準装備されていることが多いですが
 実際にふれて見て操作性が良くなければ、キーボード、マウスだけの買い替えも考えましょう。

ノートパソコンの場合はサイズと重さをよく考えて購入しましょう。

  • 家で固定して使うのか?
  • 家の中のいろんな場所で使うのか?
  • 外に持ち出して使うのか?

後から後悔しないように選んでくださいね。

色やデザインは性能には全く関係ないので、個人的に気に入ったのを選んでもらって問題ありません。

最後に、パソコンの寿命は、1日8時間の使用でだいたい4〜5年と言われています。

ノートパソコンは持ち運びをすると、どうしても衝撃を与えてしまいがちです。

モバイル

HDD(ハードディスク)は非常に衝撃に弱いです。

ノートパソコンを持ち運びで使う場合は、一般的な寿命よりも短かめに考えた方がよいでしょう。

 

関連記事

  1. アカウント

    パソコン全般

    アカウントとはどういう意味があるの

    サービスを利用するための権利の事をアカウントといいます。…

  2. CPU

    パソコン全般

    パソコンでいちばん重要なCPUを知るための情報

    Intel(インテル)社の「インテル入ってる」ってコマーシャル…

  3. セキュリティー対策

    パソコン全般

    PCのウィルス対策チェック

    あなたはコンピューターウィルスの種類、感染、対策について知っていますか…

  4. パソコン

    パソコン全般

    高いパソコンと安いパソコンの違いとは

    パソコンは安くても、高くても、できることに違いはありません。え…

  5. マザーボード交換

    パソコン全般

    マザーボードを交換するときに知っておいた方が良いこと

    パソコンは、いくつかの部品で構成されています。マザーボードはC…

  6. ファイル

    パソコン全般

    パソコン上のファイルの仕組み

    ファイルとは、パソコン上で作成した、文章、画像などのデータを記録したり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ゴミ箱
  2. Webサイト
  3. CPU
  4. パソコン
  5. セキュリティー対策
  6. リカバリー
  7. パソコンとライオン社長
  1. Webサイト

    パソコン全般

    ホームページ、Webサイトについての解説
  2. ファイル

    パソコン全般

    パソコン上のファイルの仕組み
  3. アカウント

    パソコン全般

    アカウントとはどういう意味があるの
  4. 女性とキーボード

    操作方法

    入力が早くなるキーボード操作のワザ
  5. セキュリティー対策

    パソコン全般

    PCのウィルス対策チェック
PAGE TOP